白色申告ってどんな申告!?申告方法と青色申告との違いについて

白色申告の申告方法について

個人事業主が家業届を出した時に青色申告承認申請書を提出しなければ自動的に白色申告で確定申告することになります。したがって青色申告の承認を受けていない人すべてが白色申告になります。青色申告は申請すると節税できるさまざまな制度がありますが、事業初年度などで収入が少ない場合には簡単に申告が行える白色申告がいいでしょう。白色申告で確定申告する場合の記帳方法は、単式簿記による記帳でも可能です。単式簿記は複式簿記に比べて記帳するのが簡単だというメリットがあります。確定申告時の提出書類は、確定申告書(B)と各種控除を証する書類、収支内訳書です。

青色申告と白色申告の違いとは?

青色申告と白色申告の違いとして、生計をひとつにしている親族である専従者給与の経費なる金額に違いがあります。青色申告では妥当であれば金額の制限はありませんが、白色申告だと配偶者が86万円まで、それ以外は50万円までと決まっています。損失の繰り越しも青色申告であれば3年間損失を繰り越しできるのに対して、白色申告では変動所得または事業用資産の災害損失のみに限られています。貸倒引当金の処理でも青色申告では貸倒引当金の一括処理ができますが、白色申告では個別の貸倒引当金しか計上することができません。平成26年1月から白色申告者で前年度と全然年度の所得が300万円未満であっても記帳と帳簿など書類を保管しなければならない義務が発生しました。また赤字などで所得税の申告をしなくても記帳と帳簿の保管が必要です。

白色申告は青色申告とは異なり、税務署に事前申告をする必要がなく、帳簿の記入が複雑でないため記入を簡素化したい、収入が少ない、青色申告が間に合わない方に向いています。