社員研修は用途に応じて!知っておきたい種類について

新人社員の社員研修について

新人社員を教育する社員研修では、まず社会人としての基本を教えることになります。ビジネスマナーや仕事の基本、さらには会社の経営方針などを教えることが大切です。特に仕事に向けてどのような心構えをすべきかを教えることが重要と言えます。コミュニケーションの取り方や報告と連絡、相談の必要性は十分に理解してもらう必要があります。さらに仕事の基本となる課題発見と問題解決能力を備えることも、新人の研修には求められます。

中堅社員の研修ポイントとは

中堅社員はある程度のビジネススキルを備えています。そこで社員教育で教えることは、管理職へ転向するために必要なスキルとなります。部下の育成やプロジェクト推進のための能力などを高めることが問われます。非常に多岐にわたるスキルを高める必要があるので、研修も幅広く行うことになります。そのために社外で行われる研修サービスを利用して、専門的な講義を受けるケースも多く見られます。実務に携わる人材の仕事に対する意識変革が必要なので、どの研修サービスを受けるかが重要なポイントと言えます。

管理職が受けるべき社員教育とは

管理職の場合には、会社経営という視点に立った業務遂行が求められます。そのためには経営に関わる社員研修を受けることになります。極めて専門性が高いことから、社内での研修は難しいものです。そのために色んな会社から人材が集まる社外の研修サービスを受けることが多くなります。将来の幹部候補を育てることも考慮して、どのような講義を受けるかを決めることになります。

基本的に営業や販売などの社員研修は1ヶ月程度で終わることが多いですが、業界によっては3~4ヶ月間、長いところで半年間行うところもあります。