売上アップの最終兵器?音声POPでアピールしよう!

顧客に必要な情報を届けると売上アップに繋がる

スーパーで陳列されている各商品には、それぞれ「売り」というものがあります。その商品にしかないメリットなどが存在しているのですが、パッケージを見ただけではいまいち理解できません。どのような良さがあるのかを顧客が知らずに通り過ぎてしまうパターンは多いのです。そこで注目を集めるのが、POPです。これは、商品のそばに置いて、重要な情報を顧客に伝えるためのものです。これを設置しておくと、商品の良さを顧客に理解してもらえるようになります。その結果、売上アップに繋がるわけです。ただ、小さいものなので顧客が見逃してしまうこともあります。そこで便利に使えるのが、音声POPというものです。

耳から入る情報は顧客に届きやすい

音声POPは、顧客が前を通ったときにのみ、内蔵されたメッセージを再生する機械のことです。センサーで人の動きを感知して、あらかじめ設定されている音声データを流します。この方法を使えば、小さいPOPを見てもらえなくても問題はありません。耳から入ってくる情報は、顧客も意識せずに受け取ることができます。商品の陳列棚を見ながらも、耳には音声POPが流す情報が入り込んでいくのです。この方法なら、無理なく多くの情報を顧客に届けることができます。商品の良さをしっかりとアピールできるので、大きな売上が期待できます。

売り場のデザインの邪魔にならない

音声POPは、小さくてシンプルな機械です。しかも、センサーさえ照射できれば本体は隠しておいても問題ありません。見えない場所に設置をするのも正解です。これは、売り場のデザインを考えていく際にも大きな武器となります。デザインを崩してしまうことがなくなるので、シンプルでハイセンスな売り場の構築に繋がります。

音声POPは、センサーを使って人影を感知し、自動で音声を流す装置です。防犯や販促目的などで使われます。