学生とは違う!新入社員研修で気を付けたいこと3選

当たり前だからこそ気を付けたい!時間厳守

当たり前のことなのですが、学生気分が抜けていないとなかなかできない人が多い「時間厳守」。学生のときは、ちょっと授業に遅れてもOK。友人との待ち合わせもいつも遅れていく。アルバイトのタイムカードもギリギリに切っていた。と、いう方が実は少なくありません。社会人になると、たった数分の遅刻もNG!遅くても研修の開始時間5分前には、お手洗いを済ませ席に着く・資料を机に出しておくなどの準備をして臨みたいものです。

学校とは違う!居眠りはNG!

研修の内容によっては、ずっと着席して話を聞く。会社の歴史など難しい話が続くといったことも珍しくはありません。早起きしているので眠たい気持ちはわかりますが、居眠りは絶対にアウト!学校の授業とは違い、研修中も会社は新入社員にお給料を払ってくれている場合が多いです。研修の講師の方も、わざわざ時間を割いて研修に来てくださっています。研修の前日は夜更かしをしないよう万全の体勢で臨みたいものですね。

緊張してる気持ちはみんな一緒!

初めての新入社員研修で緊張している気持ちはみんな一緒です。また、仕事ができる先輩社員たちもみんなはじめは新入社員。一緒のように研修を受けているのです。研修中、ずっと緊張していると苦痛になってしまいますよね。研修では、社会人としての基本的なマナーを学びます。そのマナーは今後一生身に着くスキルのひとつ。基本的なマナーはどこの会社に行っても役に立つので、あまり緊張しすぎず、同僚と楽しみながら真剣に研修を受けたいですね。

上司によって人事考課の評価基準が異なると、部下は混乱し、やる気を失ってしまいます。一律な評価を行うために、管理職研修が必要です