顧客管理は統合環境で!マーケティングの効率化の秘訣

マーケティングの多様化と顧客管理の複雑化

商品やサービスを提供する上では適切なマーケティングを行っていく必要があります。以前は顧客に直接マーケティングを行うという方法が基本だったものの、時代を経てマーケティング手法が多様化してきました。近年では店舗販売をしている場合でもウェブマーケティングを同時進行させるのが基本になっており、顧客への対応の仕方も複雑になってきています。顧客管理も必然的に複雑化してしまい、顧客情報の重複が起こることも珍しくなくなりました。このような状況で効率的なマーケティングを実現するための秘訣として統合顧客管理を行うという視点が欠かせなくなっています。

統合顧客管理システムの重要性

統合顧客管理の基本はあらゆるマーケティングから得られた顧客データベースを集約化して管理することです。しかし、最初からそれを想定してデータベースを構築していない限りは統合化を行うのが困難になっています。そこで役に立つのが統合顧客管理システムであり、各種データベースを一つのデータベース上に取り込むことによって集約化することが可能です。これに加えて重要なのが顧客参加型のシステムを組めることでしょう。ECサイトでの購入などをこのシステム上で行うことができるようになっています。また、ウェブマーケティングのためにアンケートを実施したり、メッセージを個別に送ったりすることも可能です。このようなシステムを駆使することによってデータベースの統一化とマーケティングの効率化を同時に行うことができます。

統合顧客管理をすることで、顧客満足度・顧客ロイヤルティを知ることができ、さらに分析することで売り上げアップに近づけることができます。