事業承継の三つの形!迷ったときの秘訣とは?

事業承継の基本的な形は三つある

経営してきた会社を引き継ぐときには基本的な形が三つあります。誰に対して引き継ぐかを考えると大まかに分けることができ、事業承継の形としてはよく選ばれているものです。一つは家族に承継する方法であり、弟や妹、子供や孫といった形での承継が一般的です。中には従兄弟や甥姪に事業を引き継ぐケースもあります。互いに理解があることから比較的事業承継としてはトラブルが起こりにくいのがメリットです。もう一つよく選ばれるのは役員の中から承継する人を選ぶものであり、副社長などの重役に就いていた人が対象になります。場合によっては外部から直前になって人材を雇い、速やかに社長候補として育成を行うこともあるでしょう。社内で行われてきた事業をよく理解していることから経営の継続が比較的楽なのが特徴です。

買いニーズの有無で判断

このような二つのケースに当てはまらないもう一つのパターンがM&Aです。家族に有望な人が見つからず、社内にも社長として働けるような人材がいないという場合に事業承継を行うにはM&Aを選ぶことができます。ただし、気をつけなければならないのはM&Aを行う際に相手企業が事業を正しく引き継いでくれなければ実質的に会社を閉じるのと同じことになってしまうという点です。買いニーズが確かにあるか、M&Aによって相手企業にメリットが生まれるかをよく考えてアピールできる形を整えておくのがM&Aによる事業承継を行う上での秘訣です。場合によってはその方が社運が向上する可能性もあるので初期から検討しておくと良いでしょう。

会社の事業承継を成功させる第一のポイントは早めの着手です。後継者の育成には一定の時間が必要ですし、社員に心配や憶測を与えないためにもできるだけ早く後継者を決め、社内に知らしめる必要があります。