青色申告でも経理を簡略化する方法はある?

青色申告では複式簿記による帳簿付けが必須

青色申告をするには、原則として最初に青色申告をしようとする年の3月15日までに青色申告承認申請書を提出します。家族を雇って給与を支払う時には別に青色事業専従者給与に関する届出書も必要になります。その他、申告に必要な書類を揃えなくてはいけません。最も労力を必要とする書類が帳簿やそれを元にして作る決算書類です。控除額が65万円認められるのは魅力的ですが、正規の複式簿記に従って作成しなくてはいけないので、経営者が一人で作業をするのは非常に大変でしょう。

会計ソフトを取り入れる

手作業で帳簿を付けると、まず伝票を起こして、元帳や補助元帳に転記したり、出納帳や台帳などに書き入れたりと煩雑な作業が必要になります。手書きで写さなくてはいけないので、誤記などのミスも起こしやすいでしょう。会計ソフトを取り入れれば、最初に入力した伝票のデータをそのまま元帳などに流用出来ますので、作業も1回で済みますし、転記ミスや修正などの手間も減らせます。ネットバンキングを活用していれば、対応する会計ソフトであれば、預金の取引をそのまま経理データに変換できますので、新たに入力する必要もなく、パソコンの操作が大変な方でも使いやすいでしょう。

仕訳入力が難しいと感じる方には

青色申告の場合は、現金主義による所得計算の特例を受けることの届出書を、提出する申告期限の3月15日までに提出すれば、現金主義での帳簿付けも選択できます。掛けでの仕入や売上の仕訳が難しく感じるのなら、売買取引で現金預金に動きがあった時だけ仕訳をするだけで楽に済みます。ただし、前々年の合計所得が300万円以下の自営業者のみですので、起業したばかりの方は利用できませんし、控除額も10万円と大幅に低くなります。

青色申告とは、複式簿記形式によって毎日の取引を帳簿に記録して、申告する方法です。この方法を用いれば、控除される科目数と金額の増加や必要経費として認められる科目数と金額の増加というメリットがあります。