eラーニングを用いた研修のメリットをチェックしよう

e-ラーニングの導入事例

e-ラーニングは、パソコンを利用して好きな時間帯に様々な分野の知識を習得できる学習法として、全国的に普及が進んでいます。最近では、社員研修の一環として、e-ラーニングを積極的に活用している企業もあり、従業員の能力の向上や仕事上の問題解決などに役立つツールとして位置づけられています。例えば、営業マンがトークスキルの向上を目指すうえで、e-ラーニングを継続的に利用することで、仕事の合間を縫って顧客の関心を引き付けることのできる話し方を学ぶことができます。また、e-ラーニングを取り入れた研修のカリキュラムを組むにあたり、それぞれの従業員の実務経験の長さやスキルなどに応じて、日ごろから企業内の担当者の間で打ち合わせをすることが肝心です。

マーケティング戦略にも役立つe-ラーニング

企業がマーケティング戦略を立てるにあたり、e-ラーニングを補助的な手段として活用する事例が少しずつ増えています。中でも、顧客が求めている商品やサービスの内容を理解するためには、長い時間や専門的なノウハウが必要となりますが、大手企業が開発したe-ラーニングのシステムを上手く利用することで、各企業の事業の内容や顧客の年齢層などに応じて、企業のアピールを効果的に行うことが可能です。近年では、e-ラーニングの利用価値の高さに目を向ける企業が少なくありませんが、特に研修の機会にこうしたツールを用いる場合の導入コストや教育効果の程度などにこだわるうえで、専門の業者からアドバイスを受けることも効果的です。

世界中どこにいても、インターネットさえ繋がってれば学べるeラーニング。通学の時間と手間を省け、自分のタイミングで勉強出来ます。